banner

長所について

一般社団法人を設立する意味と長所について

一般社団法人を設立する意味についてですが、まず会社法人を設立するときにおいては法人税が課税されることが法律で定められており、また利益を出していくほど法人税の課税額も上がってくるためそれが会社にとっての負担になることがかなりありました。
その点一般社団法人のほうは場合によっては法人税が非課税となる点で会社を興すよりもハードルが低い利点があり、目的があれば構成員が2名以上なら誰でも法人としての活動ができる点が一般社団法人をつくる意味の一つといえます。

一般社団法人を設立する際には必要となる書類の作成は自分でもつくることはできますが、会社を興すよりも費用面では安いことから書類作成や手続きの一式を専門家へと依頼することができやすいこともハードルを下げている要素の一つです。

素人が一般社団法人を立ち上げるにあたってはこうした専門家に依頼しても対して費用がかからない点を考えるとそちらのほうが便利といえます。また、費用面のメリットだけではなく法人の立ち上げに関する説明書きやアドバイスがもらえる点も利点です。特に本業が忙しくなかなか書類作成に取り掛かることができない場合に専門家を活用することで手間を大幅に削減することができます。早ければ、実質的な手続きを行ってから半日から1日ほどもあれば法人格を得て活動できる場合もあります。

事業の内容については一般社団法人を設立する際においては特に制限といったものは設けられていませんので、常識の範囲で利用するのであれば会社を興すよりも自由度は高めとなっています。
NPO法人の設立の違いもそこにあります。NPO法人の場合は公益性や非営利にこだわる必要があり活動がある程度制限されているのが特徴ですが、一般社団法人はこうした点にこだわる必要がなく自由に活動を行うことが出来ます。

注意点としては、一般社団法人には非営利型と営利型の二つに大別されることが挙げられます。非営利型の場合には法人税についてはかからないため優遇されていますが、営利型の場合には会社同様に法人税の課税対象となります。

非営利型と営利型の違いとしては利益を構成員に分配するかしないかの違いです。非営利型では団体が利益を上げた場合にその利益を構成員に分配しません。ボランティアなどを行うときの活動資金として利益を運用することを主旨としているのが非営利型です。一方、営利型では利益を得て構成員へと分配することを主旨としています。利益を得ることを目的に事業を行いたい場合には営利型の一般社団法人を設立することになります。”